興味の持てる仕事内容選びが肝心

仕事が激務と感じてしまうと働き続けられなくなりがちである。医療業界で働く看護師が退職する原因としても大きいのが勤務から生じる厳しさだが、自分が厳しいと感じるかどうかが問題になっているという点は理解しておきたい。どれだけ勤務時間が長く、ストレスの多い仕事に携わっていたとしても、自分が厳しいと感じなければ働き続けるのは難しいことではないのである。
残業による勤務時間の長さや夜勤による不規則な勤務体制、医療を担う職務の重さなどが重荷になりがちなのは確かだが、より影響力が大きいのは仕事内容だという認識を持つと良いだろう。仕事内容に対して魅力があったり、やりがいを感じるものだったりすれば連日の残業も受け入れることができ、職務の重さも当然のことという理解ができるようになるのである。
仕事内容は所属先によって大差があり、特に診療科による違いは大きい。主に慢性疾患を扱う内科と、急性疾患の患者に対応する外科とでは仕事に対する姿勢も異なる。基本スキルとして必要となるものにはほとんど違いはないが、仕事として患者のメンタルケアが重要になるか、細かな作業の速さと正確さがむしろ必要かといった点は代表的な相違点だろう。
自分が深い興味を持っている仕事が中心になる診療科を選べば厳しい仕事であっても激務と感じてしまうことはあまりない。看護師として長く働いていくためには思い切って診療科を他に移してみるという考え方も重要になるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です