看護師の仕事はいろいろあり激務である

看護師という仕事は傍目で見る以上に激務である。まず、患者に対する看護業務が基本となる。ただし、患者によっては容態が危険な場合があり、その場合はかなり気を付けて見ていないと命を長くつなげることができず、家族とトラブルになる可能性もある。
このように人の命を預かっているという大切な仕事であるがゆえ多忙にならざるを得ない。また、患者のケアをしている時には、患者の要望も適えられる範囲で聞いてあげることも大切な仕事の一つである。食事の時にうまく手が使えない場合は、食べさせてあげることもしなければならないし、場合によってはそれが一度の食事で複数の患者に対して食事のケアをしなければならない。また、患者の検温や血圧の測定、排泄などを各病室を回って行い、時間を見つけて、それぞれパソコンに患者のデータとして記録することも大切な仕事である。そのため、一日の中で患者の看護もしながら、時にはパソコンで事務作業もしなければならず、看護師の仕事はまさに激務といえよう。
その上に、一息ついている時に急患が運ばれて直ちに処置をしなければならないとしたら、何よりもその患者のことを優先しなければならない。その患者の容態がある程度落ち着いてから、元の仕事に戻ったり、あるいは担当している患者の看護をするということもある。
このように臨機応変な対応も看護師にとっては大切なことである。自分は今、仕事で何を優先しなければならないかをよく考えることが大切である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です